予防・対策(埋没毛)

埋没毛を防ぐには電気シェーバーがおすすめ?【T字、カミソリと比較】

更新日:

埋没毛を防ぐためには電気シェーバーがおすすめ?

埋没毛が頻繁にできると見映えも悪いですよね。

できる場所は顔だけでなく、脇や脚など全身に生える可能性があります。

カミソリ、T字の髭剃り、電気シェーバーの中で埋没毛を予防しやすいのはどれになるのか

また、実際に私自身も比較してどうだったのかまとめました。

肌への負担などについても含め、参考にご覧下さい。

埋没毛を防ぐには電気シェーバーがおすすめ?

私の15年以上の経験からすると、埋没毛ができやすいのは切れ味にもよると感じました。

こちらの画像をご覧下さい。

電気シェーバー、T字、カミソリの切れ味を比較

赤:電気シェーバー

青:カミソリ

ピンク:T字髭剃り(少し古い)

このような切れ味になりました。

※質にも関係します

カミソリとT字の場合、痛みを感じながら剃らなければいけないデメリットもあります。

特に青のカミソリは少し赤みが残っていることが分かると思います。

電気シェーバーが深く剃れていることが分かりますが、T字やカミソリで深く剃ろうとすると皮膚が荒れます。

皮膚の表面がダメージを修復しようとするため、毛先が皮膚内に詰まりやすくなることがあります。

カミソリは皮膚にダメージを与え、埋没毛が生えやすくなる

カミソリで深く髭を剃ろうとすると、やはり埋没毛はできやすいことも検証して分かりました。

また、電気シェーバーは深く剃れましたが埋没毛が生えやすいのか気になりますよね。

電気シェーバーは埋没毛が生えにくい!

電気シェーバーを使い続けて10年近く経ちます。

しかし、頬などに埋没毛が生えたことはほとんどありません

髭を抜く癖があったため、明らかに髭を抜いた範囲に埋没毛ができる頻度の方が多かったです。

しかし、電気シェーバーを使うと100%埋没毛が生えてこないとは限りません。

埋没毛が生えにくいことだけでなく、なぜ私が電気シェーバーをおすすめするのか解説していきます。

電気シェーバーを愛用する理由やメリット!

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリットとして、

・肌へのダメージが少ない

・深く剃りやすい

・刃の交換の頻度も少なくて済む(コスパが良い)

・綺麗な肌をキープしやすい

などの嬉しいメリットが多いです。

刃かむき出しになっていないため、痛みはほとんど感じません。

そして、肌にダメージを与えにくいため綺麗な肌を維持しやすいです。

せっかく女性にモテるためにスキンケアにも力を入れても、髭剃りで毎日振り出しに戻っている可能性があります。

むしろ悪化しているのかもしれません。(肌への刺激によるシミの原因など)

埋没毛は肌の調子が良くてもできる!

現在私の肌はスキンケアのおかげで水分量なども安定しています。

肌の水分量を測った結果

しかし、最近カミソリで頬の毛を数本剃っただけで埋没毛が生えていました

実は同じことが今月で3回も起きています。

やはりカミソリは特に埋没毛ができやすい可能性があります。(その分、肌はダメージを受けている)

また、スキンケアを徹底すると肌のターンオーバーも安定しやすくなります。

すぐに抜けそうな埋没毛が生えても、状態の良い肌では埋没毛が押し出され、毛先が数日で出てくることもあります。

詳しい内容は「埋没毛は放置するべき?」の記事内で詳しく解説しています。

無理に埋没毛を引き抜くと炎症が起きますが、生え方によっては様子を見られることをおすすめします。

そのため、肌のターンオーバーを考えるとスキンケアにも徹底して損はないと言えます。

私がおすすめする電気シェーバー!【ラムダッシュ5枚刃】

今回は、実際に私も2年以上愛用している電気シェーバーを紹介していきます!

10個、20個も紹介するのは選ぶのも大変だと思います。

電気シェーバーには、

・往復式

・回転式

・ロータリー式

と、主にこの3種類に分かれます。

回転式はフィリップスのイメージが強いと思いますが、このような3つのヘッドがあることが特徴的です。

回転式の電気シェーバーの画像

それぞれにメリット・デメリットがありますが、まとめますと、

深剃り:往復式

肌への負担:回転式

パワフル:ロータリー式

などになります。

より深く、肌への負担も抑えて深く剃るには「往復式」がやはり評価が高めです。

※商品にもよりますが、回転式は深剃りできないと口コミでも目立ちます

ラムダッシュ4枚刃と5枚刃の違い!

ラムダッシュ4枚刃と5枚刃の違い

私が初めて試した電気シェーバーは「ラムダッシュ4枚刃」でした。

※左側が4枚刃となります

それまではT字髭剃りを使っていたため、すごく楽で深く剃れることに驚いた記憶があります。

しかし、4枚刃のデメリットとして、

・たまに肌がピリッとする

・ヘッドの網の部分が弱い

このようなデメリットがあると感じました。

ヘッドの網の部分は交換するたびに破れました。

ラムダッシュ4枚刃のデメリット

この穴が空く前でも肌にピリッと感じていたので、肌への刺激が少し強めと言えます。

しかし、ラムダッシュ5枚刃に変えると大きな違いがありました。

ラムダッシュ5枚刃に変えると?

ラムダッシュ4枚刃から5枚刃に変えて感じたメリットとして、

・肌への負担がかなり少ない(ピリッとしない)

・ヘッドが頑丈

・予想以上に長持ちする

私がラムダッシュ5枚刃に変えた時期は2017年12月です。

ラムダッシュ5枚刃の購入時期

現在は2020年9月ですが、これまでヘッドなどは「1度も」交換していません

【私が行った手入れ】

・水で髭が残らないようにすすぐ

・タオルで水気を軽く拭き取る

・自然乾燥

これだけです。

約4年経過していますが、内部はこのような状態です。

ラムダッシュ5枚刃の劣化具合

ラムダッシュ5枚刃の内部構造

かなり状態も良く、サビは1ヶ所もありません

手入れも簡単でパワーについても変わりはありません

ヘッドの網部分も4枚刃より頑丈のため、何度か落としてしまいましたが変形、穴が空くこともありません。

ラムダッシュ5枚刃の耐久性

このようなメリットがあります。

壊れない限りは使い続けます。

また、もし故障してもラムダッシュの新バージョンを購入するでしょう。

通販では現在、ポイント、送料無料、保証なども含めるとこちらがおすすめです。

まとめ!

埋没毛を防ぐためには電気シェーバーがおすすめです。

質や切れ味によりますが、T字やカミソリは刃が広範囲で肌を傷つけやすいため、炎症も起こしやすくなります。

電気シェーバーにも種類がたくさんありますが、ラムダッシュの5枚刃が

・肌への負担

・深剃り

・長持ちしやすい

などのメリットからおすすめと言えます。

【関連記事】

 

人気記事

1

バルクオムの口コミや評判は怪しい、ステマ(やらせ)だという噂があります。 しかし、私も実際に試してみましたがステマとは感じませんでした。 私はこれまで市販のオールインワンをメインに使ってきました。 ま ...

2

髭を抜くと濃くなるのか、薄くなるのか気になりますよね。 実際に調べてみると、 ・以前よりも薄くなった ・以前よりも濃くなった ・大して変わらない など、様々な意見が見つかります。 本当はどうなのか、1 ...

3

髭を抜くのは本当に良くないのか、続けるとどうなるのかまとめました。 私が15年以上も髭を抜き続け、実際に起きたデメリットを詰め込みました。 現在も毎日髭を抜き続けている方は、特に確認されることをオスス ...

4

埋没毛を抜くことができた時、不思議な達成感がありませんか? 楽しいのですが、何とか取り除きたい気持ちのほうが強いと思います。 しかし、1度で抜けないことも多いため、針やピンセットを使い掘り起こすことも ...

-予防・対策(埋没毛)

Copyright© 髭を抜き続けて15年の後悔 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.